三条夫人に関しての細かい疑問として、京都から甲府に輿入れする時、長い髪の毛はどうしていたのか?という事です。

やはり、長旅にあまり長い髪は不都合だから、ある程度は切ったんでしょうね。たぶん、寿桂尼も。

そして、次の疑問は三条夫人の日常生活の中での、座り方についての疑問です。ドラマで、いつも戦国時代の女性達は正座をしている事になっている事から、何となく正座をしていたと連想しがちですが。

しかし、実は正座は江戸時代から広まった座り方であり、それ以前の女性達は、立て膝や胡坐などで座っていたそうです。

当時の武家女性の座り方も、立て膝でもう片方の膝は崩して座っていたようですし、三条夫人も、立て膝で座っていたのかもしれませんね。

大河ドラマも、時代考証というのなら、こういう女性の座り方なども、現代風に正座にしないで、当時の座り方を再現した方がいいのではないですかね?

 

それから他のツッコミ所としては、やはり、四年前の「風林火山」での由布姫の、霊能者、そして軍師だ、更に巫女だっただのの、あのハチャメチャ振りは外せませんね。

これには、開いた口が塞がりませんでした。

何しろ、大河ドラマって妙な権威がありますからね。

近年では、その権威も、たいぶ薄れてきたかもしれませんが。

要するに、大河ドラマって、NHKが制作している、テレビドラマですからね。ドラマ。娯楽ですよ、娯楽。原作は、みんな小説だし。

それに近年の脱線振りも、甚だしいですし。

特に、これは以前から気になっていた事ですが、何かと武田信玄関連は、特に「劇」・「ドラマ」色が、際立って濃厚な感じがします。なぜか必ずドラマ中で、心霊現象が発生しているし。

なぜか「武田信玄」では、信虎の幽霊が、そして「風林火山」では由布姫と板垣の幽霊が・・・

由布姫なんて、生前もトランス状態と言うか、なぜか神がかっていたし。

某歴史サイトの管理人様も、大河ドラマの中で死んだ人をまた登場させるのは、センスがないとおっしゃっていますが、全く同感です。

何か、武田信玄関係は、人物の振舞いの演出について、殊更大袈裟にやるべし!という、何か不文律のようなものでも、製作者側にあるのでしょうか?

新田次郎原作も、元々各人物の性格が濃いですが、ドラマオリジナル人物の、八重とか、あり得ない人物設定も、いろいろと見られるし。