これは私が「見性院」の記事でも、既に触れているように、公式見解では、徳川秀忠が侍女のお静に生ませた、家光の異母弟の幸松丸(保科正之)は、武田信玄と三条夫人二女の、見性院に途中まで養育されたということになっています。しかし、信松尼の菩提寺である信松院では、この幸松丸を、やはりこれも武田信玄の娘の信松尼(信松院)と見性院の二人で育てたという話が、伝えられています。

そして実際に幸松丸を養育したのは、見性院であるのに、なぜこのように、信松院には、幸松丸は見性院と信松尼の二人が、途中まで共に育てたなどという話があるのか?という理由についてですが。

私はもしかするとこれは「柳営婦女伝系」にある、秀忠のお手付きになり、幸松丸を懐妊した侍女のお静が、当時、見性院が家康から与えられていた武蔵国の大間木村(大牧村)の領地に移り、そこで出産したという記述の中で、見性院の法号が誤って「信勝院」と記述されていることに、端を発しているものではないのか?と思うのですが。

 

つまり、私はこの信(しん)と勝(しょう)という記述から、転じて、信松院(しんしょういん)と見性院(けんしょういん)の二人が、幸松丸を共に育てたという話が、生まれてくることになったのではないのか?というように、感じる所があるのですが。この誤って記述された法号には、このように、二人の法号と同じ発音である文字が、それぞれ一字ずつ、入っていることになりますし。

(江戸時代の人々は、音や訓が同じであれば、どの漢字を宛てるのかに関してはあまり厳密に考えないところがある。宛て字に対する許容範囲が、ととても広いとの、福田千鶴氏の指摘もありますし。つまり、この場合に大事なのは、名前の表記の同一性よりも、名前の読み方の同一性ということですね。)

そしてこうした法号の記述から、それぞれ、信玄正室三条夫人と信玄側室油川夫人を母に持つという、異母とはいえ、彼女達は姉妹でもありますし、武田家滅亡後に、彼女達の間に、こうした接点があったのではないのか?と連想されて、ということではないのか?というか。

ちなみに信松院の亡くなったのは、江戸時代の元和二年で、そしてこの二人の逸話は、おそらくそれ以降、それなりの時間が経ってから、生まれた話でしょうし。